整体ベッドの選び方

|本格的なカイロカイロプラクティックに使用する整体ベッドの種類や選び方です。

マッサージベッドの選び方や種類を解説

整体ベッドやカイロベッドには、通常のベッドより、強度が必要となります。どんな商品がよいのでしょうか。
縦型ヘッドやケアーフェイス型の整体ヘッドなど、さまざまなカタチの中からあなたにあったカイロベッドを捜しましょう。

整体・カイロベッドの種類について。

通常のマッサージベッドでは施術が困難な、整体やカイロプラクティックの施術。その施術法にあわせて、ヘッド部の角度を簡単操作で自在にコントロールできるベッドなどを紹介します。

縦型ヘッド。

整体やカイロプラクティックの医院では主流となっている縦型ヘッド。この縦型ヘッドにも2種類のカタチ(構造)があります。

1.ガスシリンダーでヘッド部の角度を無段階調節を可能にした商品。
2.ラチェット式(15段階)で角度調節を可能にした商品。

フェイスマット用ヘッド。

縦型のヘッドに比べ、フェイス型になっていることにより、患者さんの目への負担が少ないようですが、縦型ヘッドと同様、長時間施術すると、顔に型が残る場合があるようです。

フットレストのスライド型。

足側のベッド天板がスライドするタイプの商品です。骨盤矯正や、身体の歪みをみるために、役立つアイテムです。お客さんの身長似合わせ、フットレストをスライドさせることができる商品です。

昇降ベッドについて[電動/手動]

整体・カイロベッドにも昇降タイプの商品があります。

詳しい内容は、電動昇降ベッドの選び方へ掲載しておりますのでご確認ください。

整体ベッドのクッション厚について。

整体ベッド、カイロベッド用に製作されたベッドのほとんどは、マッサージベッド台より厚く設計されています。このウレタンの素材は、KJGウレタン(硬め)です。整体圧が伝わりやすいようにと配慮されているようです。
低反発ウレタンの商品もあるようですが、沈み込みがあるため、整体でかける圧が解りづらいようです。ベテランの方は、施術法が安定しているため、低反発ウレタンを使用されても問題はないでしょう。初心者の方は、整体学校で学んだ圧のかけ方が、上手くできないかもしれません。

マッサージベッドのレザー製の天板について(カラー色)

高田ベッドさんでは、レザー色はオプションカラー(追加料金が必要)を含めると、約126種から選べるようです。私がみる限り、オプションカラーではない規格カラー(18色対応)からの 選択で十分だと思います。

どうしても、というこだわりのカラー(例えばラッキーカラーなど)がある場合や、オリジナルカラーの商品を手に入れたい!と思っている方には、お勧めです!

※規格以外のカラーを検討されている方に注意していただきたいのが、返品を受けていない販売店が多いようです。思っていた色と違った場合でも、返品不可となるようですので十分注意してご購入ください。

スポンサードリンク

整体カイロベッド販売

Copyright (C) 2009 マッサージベッド.com All Rights Reserved.