ポータブルベッドの選び方

|出張施術などに便利なポータブルベッドの種類や選び方です。

マッサージベッドの選び方や種類を解説

ここでは折り畳みタイプのポータブルベッドの選び方を紹介します。
出張整体やエステに便利なポータブルベッド。多くはスチール製ですが、人気があるのは木製となっています。
固定式のマッサージベッドに何かあったときのための、緊急時の予備としても大変役立ちます。

マッサージベッドの選び方

ポータブルベッドの重さ。

自分にあったポータブルベッドのサイズを見つけるためにまずテーブルなどをマッサージベッドに見立て、あなたの腰などに負担がかからい状態での施術手の位置はどこかを確認してみてください。その手の位置がベッドの高さの基準となります。(お客さんの身体の厚みを除いた高さが購入するベッドの高さ(サイズ)となります)。

上記サイズで決定したものを注文する前に、まず、あなたの目的を確認しましょう。

1.あなたは、出張用として購入予定ですか?

2.それとも予備のベッドとして購入予定ですか?

出張用として購入を検討されているかたは、あなたの選んだサイズにより、持ち運びが困難となるかもしれません。下記項目を参考の上、サイズの再確認をしてください。

ポータブルベッドの重量について。

整体用や、マッサージ用ポータブルベッドは、お客さまが安心して施術できるように、強度がしっかりとしたつくりとなっています。そのため、重量はあなたが想像する以上に重く、持ち運びが困難なものとなります。

幅に余裕があるほうが、お客さんにとってリラックスできるスペースとなり、よいのですが、毎日持ち運びするのはあなたです。必要最低限の幅での注文をお薦めします。
参考までに粉体塗装やスチール枠の脚部をベースとしたポータブルベッド(折り畳みベッド)は、幅50cmで約16kg〜18kg。幅70cmともなると、約22kg〜26kgとなります。

マッサージベッドやエステベッドのように、特注サイズにて製作いただくことも可能なようですが、あなた都合の返品、返品交換を受け付けてはくれません。特注を検討している方は、慎重にサイズを検討されることをお薦めします。

どうしても大きなサイズを購入したい!と思うあなたには、木製の脚部でできている「カルロス」をお薦めします。この商品は、幅70cm×183×高さ調節可能なのに、なんと重量が約17kgの商品なんです。
欠点をあげるとすれば、レザー色が2種類からしか選べないことと、木製独特の音鳴りがあるということです。

ポータブルベッドのサイズの選び方。

上記の重量も計算に入れながら、幅について検討していきましょう。

ポータブルベッドの幅について。

ところであなたの身長は何cmですか?
天板の幅は、折り畳み時のポータブルベッドの高さとなります。トッテ部分の位置が、あなたが真っ直ぐに立って指先を下にさげたとき、手首の位置より下にあれば、問題なく持ち運びすることができるでしょう。
ですが、その手首より上の位置にポータブルベッドのトッテがある場合、どうしても負荷がかかり、実際の重量よりはるかに重く感じてしまい、引きずらないと運べないということになりかねません。重量のことも考慮しながら、ポータブルベッドの幅をご検討ください。
サイズを優先せざるを得ない場合は、ポータブルベッド専用のバッグがあるようですので、こちらのバッグをあわせて購入されることをお薦めします。
※肩からかけれるようになっているので、便利!また、キャスター付きのバッグもあるようです。

マッサージベッドのレザー製の天板について(カラー色)

高田ベッドさんでは、マッサージベッドのレザー色はオプションカラー(追加料金が必要)を含めると、約126種から選べるようです。私がみる限り、オプションカラーではない規格カラー(18色対応)からの 選択で十分だと思います。

どうしても、というこだわりのカラー(例えばラッキーカラーなど)がある場合や、オリジナルカラーの商品を手に入れたい!と思っている方には、お勧めです!

※規格以外のカラーを検討されている方に注意していただきたいのが、返品を受けていない販売店が多いようです。思っていた色と違った場合でも、返品不可となるようですので十分注意してご購入ください。

マッサージベッドの有孔加工(ゆうこうかこう)について

マッサージベッドの購入を検討する際、必ず、検討いただきたいのが、この[有孔加工]です。あなたの施術には、お客さんにうつ伏せになっていただく施術は含まれていませんか?

うつ伏せの施術法があるなら、有孔加工のあるマッサージベッドの購入をお奨めします。有孔部分にフタをすることができるベッドもあります。仰向けの施術の時には、マクラなどで、有孔部分を隠すため、必要ないかと思いますが、気になるかたには、フタ付きのベッドを購入されるのもよいでしょう。

スポンサードリンク

エステポータブルベッド

Copyright (C) 2009 マッサージベッド.com All Rights Reserved.