エステベッドの選び方

|フェイシャルやボディーエステに使用できるエステベッドの種類や選び方です。

マッサージベッドの選び方や種類を解説

フェイシャルエステなどに利用するエステベッドの選び方を紹介しています。
エステは通常のマッサージベッドでも施術可能ですがこのタイプのエステベッドは、フットマッサージやネイルの施術にも使用できます。

エステベッドとは。

エステベッドは、一般的なマッサージベッドでも代用できますし、そういったお店も多いと思いますが、ここで紹介するエステベッドは、フェイシャルやネイルといった施術に使用するものです。

背上げタイプや、背部と足部が稼動しチェアータイプとして使用できるエステベッドが販売されており、最近多様化しているエステの施術方法に対応したベッドとなっています。

最近流行の、フェイシャルエステやネイルの施術には、チェアータイプとしても使用できるベッドが適しています。

エステベッドを選ぶときのポイント!

いざ、エステベッドを選ぶとなると、たくさんの種類があって迷ってしまいます。また、高さやサイズなどもどのように選ぶのかわからない方もいらっしゃるでしょう。

簡単ですが、エステベッドの選び方を紹介しておきますので、参考にしてください。

高さを選ぶ。

まず第一に、あなたが施術するときに一番負担のかからない高さがベストです。エステなどは、腰に負担がかかる場合も多いので重要なポイントです。

腰に負担のかからない高さを、テーブルなどで確認し、そこからお客様の身体の厚みを除いた高さがベッドの高さの基準となります。

サイズを選ぶ。

エステやネイルでは、お客様は癒しを求めていらっしゃっています。リラックスしていただくためにも、安心感のある60〜70cm程度の幅広タイプをお薦めします。

ただし、店舗などのスペースも限られている場合も多いと思います。その辺りを考慮した上でサイズを決定しましょう。

タイプを選ぶ。

エステベッドには、大きく分けて、背上げタイプと、背部と足部の両方が稼動し、チェアータイプとして使えるタイプの2種類があります。

全身の施術を主に行い、フェイシャルもたまに行う場合は、通常のフラットタイプや背上げタイプがよいでしょう。

フェイシャルやリフレクソロジーなどがメインの施術であれば、お客様にとって楽な姿勢で施術を受けられる、チェアータイプをお奨めします。

天板を選ぶ。

エステベッドは、通常の規格仕様のクッションで十分だと思います。マッサージベッド同様、低反発ウレタンのものも販売されていますが、よほどこだわらない限りは必要ないでしょう。

ただし、外国産の製品の中には天板が硬すぎるものもあります。そういった場合はお客様への負担となる場合もありますので注意してください。

有効加工の有無を選ぶ。

エステベッドでも、マッサージベッド同様に必ず有孔加工の検討が必要です。有孔があることで、うつ伏せ時の息苦しさが解消され、お客様の負担がかなり解消されるからです。

もし、うつ伏せの施術法があるなら、有孔加工のあるマッサージベッドの購入をお奨めします。参考までに有孔のタイプを紹介しておきます。

小判型の有孔加工品
定番の有孔加工型がこの[小判型]です。直接、顔を置いても大丈夫ですが、長時間使用される場合、お客さんの顔に縫製ラインがつくことがあります。できれば、クッションのよい施術用マクラを使用されることをお薦めいたします。
オメガ型の有孔加工品
小判型の有孔加工とは違い、、このオメガ型の有孔加工は、丸い円の有孔加工です。そこへ、フェイスクッションをはめ込み使用することができます。また、丸いフタ付きだから、フラットとして使用することも可能となり、大変便利な商品ベッドです。
オプションや色を選ぶ。

エステベッドには、お客さんが快適に過ごせるよう、いろいろなオプションがあるようです。例えば、手置き台や、足側のリクライニング、片足ずつにわけてリクライニングするもの、ヘッド部分の取り外し可能なクッションや低反発素材など。

あなたに必要なオプションはありますか?
あなたが決めた条件を、マッサージベッド販売店や、メーカーへ伝え、どの商品がピッタリなのかを聞いてみるのもよいでしょう。

【背上げタイプ】

一般的には、背上げタイプの商品は、電動タイプ(フットペダル)、ALレバー式(手動)、フック式(6段階調節)、手動クランク式(ハンドル操作)の4種類あります。
あなたの施術や、予算にあわせてご検討ください。

エステベッドのレザー製の天板について(カラー色)

最近では、天板のレザー色がたくさんの色から選べるベッドも販売されています。ちなみに、私がよく購入するお店では、オプションカラー(追加料金が必要)を含めると、約126種から選べます。

私は、規格カラー(18色対応で無料)からの 選択で十分だと思いますが、どうしても、というこだわりのカラー(例えばラッキーカラーなど)がある場合や、オリジナルカラーの商品を手に入れたい!と思っている方は、相談してみるもの良いと思います。

スポンサードリンク

エステベッド格安

Copyright (C) 2009 マッサージベッド.com All Rights Reserved.