電動昇降ベッドの選び方

|自動・手動で上げ下げなどが出来る電動昇降ベッドの種類や選び方です。

マッサージベッドの選び方や種類を解説

電動昇降ベッドは、少し高価格にはなりますが、鍼灸や施術に大変便利な機能がついています。
どのように便利な機能を使えるのか、電動昇降ベッドと手動昇降について紹介いたします。

マッサージベッドの選び方

昇降ベッドについて[電動/手動]

これらの昇降マッサージベッドで、昇降させるには、大きく分けて電動タイプと手動タイプと簡易的な高さ調節の3種類あります。これらの昇降ベッドについて紹介いたします。

電動昇降ベッド

電動で動かせるため、もちろん、高級ベッドとなります。電動のよいところは、患者さんの乗り降りが楽になることと、患者さんを乗せたまま、ベッドを昇降させることができることです。また、施術中に感じる腰への負担も高さを簡単に調節できるため、軽減させることができます。

手動昇降ベッド

電動よりも、若干金額は下がりますが、高級ベッドといえるでしょう。ですが電動ベッドとは違い、昇降時に患者さんを乗せた状態で使用することはできません。必ず、患者さんに降りていただき、ベッドを昇降しなければなりません。

高さ調節機能付きベッド

上記2点の商品より、格別に安く手に入るのが高さ調節機能付きベッド。これは、5段階しか切替えができず、電動や手動とは違い、施術中に好みのサイズに変更するというわけにはいきません。ですが、2cm間隔で5段階の切替ができるとなると、ムリな姿勢になることを避けることができます。また、あなたとパートナーで1台のベッドを共有して利用することも可能となり、今後あなたの施術内容が変わり、高さを変更したいときでも、ベッドを買い替えることなく、始めることができます。

電動ベッドについて

電動ベッドには、垂直に昇降するタイプと、前後に円弧を描きながら昇降するタイプの2種類があります。

垂直昇降タイプ

垂直に昇降するため、ベッド廻りに障害物があった場合でも気にせず昇降させることができます。天板隅に、一点集中の負荷をかけた場合、ベッドが転倒する可能性があります。激しい施術内容の場合、購入をさけるほうがよいでしょう。

円弧昇降タイプ

円弧を描きながら昇降するベッドの利点はコストが少なくすみ、安定感のある構造になっているところです。欠点としては円弧を描くため、壁に密着して設置することができません。ほとんどの場合、壁面に密着させて使用する施術は少なく 、問題なく使用いただける商品です。

スポンサードリンク

電動マッサージベッド

Copyright (C) 2009 マッサージベッド.com All Rights Reserved.