マッサージベッドの選び方

|治療や施術に役立つマッサージベッドのいろいろな情報が満載です。

マッサージベッドの選び方や種類を解説

折りたたみ式や昇降タイプなど、マッサージベッドはいろいろなタイプが販売されており、どのように選ぶといいのか迷いがちです。
そこで、エステやポータブルなども含め、高さなどの選び方を解説しています。
当サイトで得たマッサージベッドの知識で、激安や格安販売に踊らされず、自分にあったものを、賢く上手に購入してください。

マッサージベッドとは。

基本的には、マッサージ全般などに使用される台のことをマッサージベッドと呼んでいます。
しかし、さまざまな用途に使われている間に改良され続け、いまでは、形や大きさ、高さなど、用途や施術に応じて、専門的な物が作られています。

昔は、オーソドックスなマッサージベッドしかなく、先生が工夫して施術を行っていました。しかし、今では、専門的なベッドが販売され、それを使用するとしないでは、治療やお客様の満足度に大きく影響してしまいます。

マッサージベッドの種類。

皆さんがよく病院でみかける診察台としても使われている、定番のマッサージベッドから、整体用の特殊な物や、高さを調節できる昇降タイプなどさまざまな種類が販売されています。

最近では、用途や状況にあわせたものがたくさん販売されています。
その一方で、自分の施術に合ったものを選び出すのも簡単ではなくなってきました。賢くマッサージベッドを選ぶには、それぞれの特徴を知り、有孔加工などのオプションも十分に理解する必要があります。

マッサージベッドの種類と特徴を知っていただき、あなたに合ったものを賢く選んでください。

定番のマッサージベッド。

長方形のカタチをした平台。診察や、エステなど、幅広く利用されています。マッサージベッドに有孔加工(天板に穴をあけたもの)の選択もでき、複雑な施術法でないのであれば十分です。

マッサージベッドの詳細へ。

人気のエステベッド。

フェイシャルなどに最適な機能を持った専用台。
リラックス効果を高めるため、低反発ウレタンを使用しているものも多いようです。こちらでも、有孔加工を選択することが可能なようです。

エステベッドの詳しい詳細へ。

持ち運びが簡単なポータブルベッド。

最近はやりの出張整体やエステ。ちょっとしたブームですよね。そんな方にピッタリなのは、軽量折りたたみ式ベッド。木製やスチール製があり、出張に利用することができ、どこでも院内と変わらぬ空間を作り出します。

ポータブルベッドの詳細へ。

本格的な整体ベッド。

縦型ヘッドやU字型のフェイスピローで有名なカイロベッド。今では、本格的な整体にかかせないません。腰や足の歪みがわかりやすく、本格派整体、カイロプラクティックなどに、お薦めです。

整体、カイロベッドの詳細へ。

電動昇降ベッド。

ここで紹介するのは、電動昇降機能を装備したものです。
電動で昇降することにより、あなたの腰への負担も軽減してくれます。少し高価ではありますが、選択肢のひとつではあります。手動式もあるようです。

電動昇降ベッドの詳細へ。

マッサージチェアー。

ステーションビルなどで見かける、10分マッサージ店。サラリーマンなどに人気のようです。お客さんが気軽に受けることができるようになっており、イスに座った状態で施術を受けれるチェアーです。

マッサージチェアーの詳細へ。


スポンサードリンク
マッサージベッドの色。

最近では、たくさんのカラーの中からレザー色を選択できるマッサージベッドが多く販売されています。少しだけでも色を工夫する事で、より院内を明るく爽やかに演出することも可能です。

パステル調のマッサージベッドを取り入れた場合、リラックスした空間を生み出すことができ、お客様が緊張することのない、院内を作り出すことができますし、 反対に、ブラックなどの重厚感のある色を取り入れることで、高級感を演出することもできるでしょう。

あなたの治療しやすいサイズやカタチも重要ですが、マッサージベッドの『カラー』もお客様が足を運んでくれやすい空間づくりには、重要な要素の一つといえるのではないでしょうか。

注意事項!

記事に書かれている選び方は、あくまで個人的主観です。最終判断はご自身で行ってください。

当サイトの内容により生じたトラブル等については、一切の責任は負えません。

お知らせ

記事に掲載されている画像等につきましては、マッサージベッドラインさんよりご提供いただきました。

Copyright (C) 2009 e-massagebed.com All Rights Reserved.